ユウブログ

30代主婦が子育てしながら投資したりするブログ

その症状、グルテン不耐性かも…?お腹の弱い夫が劇的に下す回数が減った方法。

Sour Dough Loaves

こんにちは、30代主婦のユウ(@yucbS3)です。

うちの夫はお腹が弱いんですよ。

それで事あるごとに、いや何もなくても急にトイレに篭っていたのですが、ある対策をしてから劇的に下す回数が減りました。

それは

「朝、パンを食べない」

です。

 

夫のスペック
アラサー
血圧が低い(上が100ない)
太ってはいないがたるんでいる

 

 

当時、夫は毎朝パンを食べていました。

学生時代は朝はナシで昼はパンだったようです。

わたしは朝から晩までごはん派なので、息子にも朝はごはんをあげていて、なんとなく夫にも「パンやめてごはん食べたら?」と言っていたのですが、「朝から箸を使いたくない」という謎の理由で拒否されていました。

そのときたまたまテレビでグルテン不耐症の話をやっていて、「夫の下痢はパンのせいかもしれないぞ」と思い朝パン禁止令を出したのです。

 

グルテン不耐症とは、小麦粉に含まれるグルテンによって

なんとなく頭がすっきりしない…程度から

貧血

頭痛

下痢・便秘

栄養失調

関節の炎症など

さまざまな身体症状を起こすものです。

 


夫はお昼はだいたいお弁当なのでごはんで、夜もだいたいごはんです。これで夫の小麦粉摂取量が大幅に減ることになります。

しばらくは「朝からごはん噛むのめんどくさい」「ごはん飽きた」とイヤイヤ朝ごはん生活をしていた夫でしたが、ふと気づくとなんか下痢になる回数が減ってる…?

それまで週に何度もトイレにこもっていたのが減っていき、今では月に数回あるかないか…になりました。

また、夫は口内炎が頻発していたのですが、口内炎の発生率もものすごく下がりました。

 

グルテン不耐症はアレルギーとは違います。

なので絶対に食べてはいけない!というわけではありません。

うちでは朝パン禁止以外は特に小麦粉の摂取を控えたりはしておらず、パンも麺もお菓子も食べます。

それでも朝パンをやめただけで夫の下痢は大幅に改善しました。

 

グルテン不耐症は検査で調べることもできるようですが、1-2週間抜いてみるだけでも自身の体で感じることができますので、慢性的な身体症状がある方は試してみてくださいね。