ユウブログ

30代主婦が子育てしながら投資したりするブログ

【子育て】一人目完全ミルクのわたしが二人目で母乳育児が出来た理由

Baby

 

こんにちは、30代主婦のユウ(@yucbS3)です。

 母乳育児のお話です。

 

 

わたしは4歳息子を完ミで育て、現在10ヶ月娘を母乳で育てています。

ふたりとも帝王切開で産んでいて、息子のときは1ヶ月がんばりにがんばったけれどもまっっったく母乳が出ず 、帝王切開だから仕方ないのかなあ…?と完全ミルクに切り替えました。

そして娘を授かり、また帝王切開だし、どうせ出ないでしょ。と最初からミルク育児のつもりだったのですが…なぜか母乳が出るようになり、今まで10ヶ月間母乳で育てることができています。

もしかしてこれがよかったんじゃないかな?と思うところをまとめておきたいと思います。

 

最初の母乳育児は1ヶ月で断念

息子のとき、吸わせても絞ってもほとんど母乳は出ず、帝王切開だからしかたないか。体が産んだ気になってないんだ。と思っていました。

退院後、なれない育児、出ない母乳、マッサージして、10分で5ml出るか出ないかだけど搾乳して、授乳、もちろん足りないのでミルクを足して、次の授乳までに少しでも絞れたら…とマッサージして…絞って…授乳して…吸わせるたびに痛む乳首…。もうやめよう!ミルクにしよう!

もともと絶対に母乳で育てたい!!という気持ちがあったわけでもなく、だけど少しは残念な気持ちもありつつ、母乳育児を1ヶ月で断念したのでした。

やめるまでの1ヶ月間、息子が飲んだ母乳量は飲んだ合計で200mlもいってないんじゃないかなあ。

 

 

助産師さんのアドバイス

息子が帝王切開だったので、娘も帝王切開で産みました。

娘を産んだのは息子のときとは違う産院で、授乳室で大人数で母乳をあげるところでした。赤ちゃんの体重を授乳の前後で量って母乳量をチェック、必要があればミルクを足す。

○g増えてました、じゃあミルク○ml足しましょう、○gでした、それだけ出てればミルクはたさなくていいですよ、他のお母さんと助産師さんはいつもそういう会話でしたが、わたしだけ毎日毎回体重増加0gでミルクはマックスで足していました。ミルクをそんなに足すのはわたしだけでした。

娘も1ヶ月だけおっぱいあげて終わりにしよう。

市の派遣する助産師さんが来た日に、1回の授乳に1時間もかかっていて大変なのでもうおっぱいはやめたいとお話しました。

その時も搾乳で10~20ml出ればいい方、ミルクは1回60~80ml足していたので母乳はほとんど出ていない感じでしたが、急にやめると乳腺炎も心配だから母乳の回、ミルクの回に分けて徐々にミルクを増やしたらどうかとアドバイスを受けて、翌日からそのようにしました。

 

母乳量の増加

母乳の回、ミルクの回と分けてあげ始めて4日目…なぜか母乳だけでも満足して時間があくようになりました。

時間がたくさんあくことで母乳が溜まって、全部飲むからまた同じだけ作られて…となったのではないかと思います。

その日から少しずつ母乳の回数が増え、産後2ヶ月を超える頃には母乳だけで育てられるようになりました。

(何かあったときやおっぱいの休憩(笑)のためにミルクもたまに足しています。)

 

母乳にこだわらない母乳育児

新生児期は2,3時間毎(またはそれ以下)のペースで授乳をすると思いますが、母乳が出ない人の場合はそれではおっぱいが溜まっていなくて母乳だけでは赤ちゃんが満足せずに大変な思いをすると思います。

特に母乳で育てたい気持ちのつよい方は「ミルクを足すと母乳がでなくなる」と言われたりして頑張りすぎてしまい、授乳間隔がまったくあかず、疲れもとれず、赤ちゃんが泣けばおっぱい足りてないんじゃないの?と言われたり、自分を責めたりしがちですよね。

今回の経験でわたしは「ミルクを足すと母乳がでなくなる」は間違っているのでは?と感じました。

ミルクと母乳とを分けることで、わたしがゆっくりと休むことができて、おっぱいがたくさんたまって、赤ちゃんがたくさん飲んだから母乳育児が軌道に乗ったのではないでしょうか。

母乳にこだわりすぎずに母乳育児をする、これがわたしにあっている育児法でした。